適切な治療を受けるために

診察

妨げになるもの

うつ病は、適切な治療により回復する病気です。しかし、そのためには正確な診断が必要なので、専門医のいる精神科への受診が必要です。ただし、うつ病は、病態に関する不確定要素が多く専門家の中でも、まだまだ研究中の部分があります。そのため、診断が難しい病気であり、いわゆる治療診断により病名が変わることもあります。また、別の病気が隠れている可能性も高いです。精神科において診断名がつかない、変わるというのは珍しくはなく、それだけ複雑ということを念頭に病院を探していくことが大事です。どんな場合でも、医師と柔軟に対応して、うつ病を改善していくという気持ちを忘れないようにします。そして、うつ病は、心だけでなく体も弱ってしまいます。単純に体の不調ということだけでなく、病院へ通ったり、医師に話したりする体力さえも長続きしないことが多いです。治療したい気持ちがあっても、病院に通院できないのではどうしようもありません。治療は長期にわたるので、通いやすい距離にあるところ、嫌悪感なく行ける場所にあるところを選ぶことが重要です。加えて、子どもの場合、その年齢層の既往歴の多い医師だと安心して相談できます。なかには、児童精神科のように専門外来をやっているとこともあるので、検討してみることも大事です。ホルモンバランスが乱れているときは、誰も自分の意志でコントロールするようには言いません。しかし、うつ病になると周囲の人は、自分の意志で立ち直るよう促すようになります。これがうつ病治療の妨げになることもあるので注意が必要です。まず、うつは自力で治療できるものではありません。そのため、手助けとなるのが抗うつ剤です。誤解が多いようですが、決して性格を変えてしまうようなものでもなく、第一選択薬となっている薬剤は強い習慣性もありません。医師からいわれたとおりに服用することが何よりも回復への早道になります。しかし、治療中に無知な知人から薬に頼るとクセになると聞いたことをきっかけに、服用を勝手に止めてしまう人が多いです。そこで、医師から習慣性はないことを告げられ、一時的に納得しても、再び誰から何か言われると服用を中止するということを繰り返してしまいます。これは、うつ病を長引かせる典型例です。治療中は自己判断せずに、医師の処方を守るのが原則です。どうしても納得できないときには、医師に必ず相談するようにします。加えて、助言してくる人物が家族や信頼できる身近な人なら、その関係性を壊さないようにすることが大事です。そのため、薬を中止しないことを不快に感じ取られないように、心理教育を受けてもらうのもひとつの方法になります。これは、病気の理解度を高めるもので、本人だけでなくサポートしてくれる人も受けると効果的です。

Copyright© 2018 なぜうつ病になるの?【セロトニンとノルアドレナリンの減少が関係】 All Rights Reserved.