治療には時間が必要

ナース

精神科などに予約して

精神疾患に暗いイメージを抱いている人は少なくなく、自分から受診するのに勇気が必要な人も多いです。家族など、周囲の人の協力が治療の良い助けとなるので、初診時は親しい人といっしょに行きたいところです。うつ病の治療ではまず自分が弱いから発病したわけではないことや、自分を責める筋合いのものではないことを説明されます。そして、使い過ぎたエネルギーが溜まるまで休養が重要であり、治療中は人生における大事な決断などをしないよう助言されます。うつ病治療の初期段階は急性期治療とし、重視されるのは急用と服薬です。数ヶ月は回復が実感できない時期が続くのが普通ですし、良いと思えばまた悪くなるという状態が続いてもおかしくありません。気長に構えて過ごしてください。数ヶ月我慢しなくてはならないのは、薬の効果が出てくるのがこのくらいの期間だからです。ゆっくり効き目が出てくるので、途中で服用を止めてはいけません。それにすっかり良くなったように感じても、急に服用を止めると元の木阿弥に戻ることが多々あります。回復後も2年以上服用を続けるよう指示される場合もありますが、再発防止のために必要なことです。副作用の問題がなければ、そのまま続けるようにしてください。うつ病でも入院が必要となるような双極性障害の場合などは、入院施設のある病院などを受診するといいでしょう。双極性障害は社会生活が難しくなるくらいの躁状態が一定期間続く精神障害です。眠らなくても元気いっぱいで活力に満ち溢れている躁状態に本人は異常を感じなくても、バッテリーが切れたようにうつ状態が襲ってくるので、周囲の人が気をつけてあげたい病気です。本人に受診の気持ちがないことが多いため、体や脳の治療が必要だと説き伏せて受診に結びつけることが大切になります。精神科や心療内科は予約制であることが多いので、電話などで問い合わせます。カウンセリングに1時間くらい時間をかけることも珍しくないため、余裕のある日に予約すると安心です。ほとんどのクリニックでは同様の治療法が行われていますが、特別な治療が用意されているところもあります。例えば精神科電気けいれん療法は頭部に電気刺激を与える昔ながらの治療法で、自殺のリスクが極めて高い患者に対して効果的です。今にも命が尽きてしまいそうなほど切迫した状態の人が身近にいる場合は、電気けいれん療法を行っている医療機関を探して連れていってあげるといいかもしれません。また、この治療は薬物療法で副作用が強すぎて効果が見られない場合にも有効です。

Copyright© 2018 なぜうつ病になるの?【セロトニンとノルアドレナリンの減少が関係】 All Rights Reserved.