治療費の相場をチェック

ウーマン

公的支援もある

うつ病はそのまま放置してしまうと症状が悪化する恐れがあるので、できるだけ早くに治療を開始したほうが良いと言われています。治療は心療内科や精神科のあるクリニックを受診するのが一般的で、医師が判断し適切な治療法を提案してくれます。治療法には色々な種類がありますが、まずはカウンセリングを受けて内服薬を処方するというのが一般的のようです。ただ、うつ病は薬を飲めばすぐに症状が改善するというものではなく、治療の効果が現れる時間は個人差が大きいようです。2ヶ月から3ヶ月程度で治療を必要としない人もいれば、場合によっては数年、10年以上と長い期間にわたり薬を飲まなければいけないケースもあります。このように治療期間が長期化するということを考えると、どのくらいの治療費がかかるのか金銭的な部分が気になります。国民健康保険・社会保険など健康保険に加入している場合は、保険がきくので治療にかかる金額は3割負担で済みます。健康保険を使って治療を受けるというケースでは、診察代と内服薬の処方として1回につき約3000円から5000円程度が相場です。うつ病を内服薬で治療を行った場合は、1回の診察で2週間分の薬を処方されることが多いので1ヶ月にかかる治療は、約6000円から1万円程度と覚えておくと良いでしょう。うつ病はクリニックでの治療で症状を緩和することができる時代ですが、治療となると治療費の負担も考えなくてはいけません。健康保険が適用される治療であれば患者さんが負担する額は3割で済むものの、それでも治療が長期化すると金銭的な負担がのしかかる恐れがあります。少しでもうつ病の治療費の負担を軽減したいという場合は、「自立支援医療制度」を活用してみてはいかがでしょう。自立支援医療制度は障害のある患者さんに対して必要な医療を確保し、さらに継続して治療を受けられるように支援する制度のことです。公的支援となる制度でうつ病などの精神疾患の患者さんも対象となるので、もし治療が長期化しそうなら上手く活用することをおすすめします。利用すれば医療費の自己負担額が原則として1割に減額されますし、所得に応じて1ヵ月あたりに支払う金額に上限が設けられるので、治療費を節約できるのです。治療にかかる費用の負担がストレスとなると、心の負担も大きくなりますし場合によっては、うつ病の症状を悪化させてしまうかもしれません。治療に専念するためにも自立支援医療制度という公的制度を利用して、少しでも治療にかかる費用を軽減するのがベストです。自立支援医療制度は各市町村の窓口で申請すれば適応されるので、お住まいの市町村にまずは相談することから初めてみましょう。

Copyright© 2018 なぜうつ病になるの?【セロトニンとノルアドレナリンの減少が関係】 All Rights Reserved.